更新がないときはこちらをどうぞ。ただのボヤきですが。 https://twitter.com/Gastnoch

さらばすべての

 シン・エヴァンゲリオンの結末に関するゆるやかなネタバレを含む項目なので、何も見たくないという人は立ち去られるがよろしかろうでございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう公開から大分時間が経ちましたので、シン・エヴァンゲリオンの話をします。

 旧劇の公開が1997年でしたか。結局のところ誰も幸せにならんかったと言いましょうか、あるいはある意味幸せになれたというひねた感想しか出てこなかったエヴァンゲリオンですが、4半世紀の時を経てようやくちゃんとケリをつけたかなと思いました。

 今回の結末にまったく思うところがないのかお前はと聴かれたらそりゃあ無い訳ではないですが、まあそろそろこまけぇこたいいだろと。シンジ君達全員ね、もうおまえらが幸せならそれでええんや…という親のような心境ですよ子供はおろか嫁もいないけど。

 シンジ、アスカしか現実世界に帰って来られなかった旧劇と違って、今回の結末では全員何らかの形で幸せになれたんじゃあないのかなと。

 自分の中で大分すっきりとした気分なので、今度こそはディスクになったら買おうかと思います。これまでの新劇と併せて。

 以上!

本田雅人、和泉宏隆を語る。

 今日はこれを見てました。

www.youtube.com

 途中ちょっとだけ則竹裕之も登場したりして、T-SQUARE時代の貴重な話が聴けたりしました。須藤満はライブ中につき参加できずとのこと。スケジュールの都合の合う時に是非とも3人揃ったところでライブ配信して欲しいですね。もっと聴きたい。

 

 

個人的な和泉宏隆との接点の記録

コンサートツアー1992 渋谷公会堂
コンサートツアー1992 NHKホール
コンサートツアー1993 中野サンプラザ
コンサートツアー1994 北とぴあ
コンサートツアー1995 渋谷公会堂
野音であそぶ1995 日比谷野外音楽堂
イヤーエンドスペシャル1995 六本木ピットイン
コンサートツアー1996 中野サンプラザ
野音であそぶ1996 日比谷野外音楽堂
イヤーエンドスペシャル1996 六本木ピットイン
コンサートツアー1997 渋谷公会堂
野音であそぶ1997 日比谷野外音楽堂
イヤーエンドスペシャル1997 六本木ピットイン
野音であそぶ20周年記念 日比谷野外音楽堂
チキンジョージ20周年記念 神戸チキンジョージ
野音であそぶ2002 日比谷野外音楽堂
イヤーエンドスペシャル2002 神戸チキンジョージ
イヤーエンドスペシャル2002 駒場エミナース
クロスオーヴァージャパン2003
コンサートツアー2003前夜祭 東京キネマ倶楽部
コンサートツアー2003 渋谷公会堂
野音であそぶ25周年記念 日比谷野外音楽堂
カシオペアvsザ・スクェア 新宿厚生年金会館
イヤーエンドスペシャル2003 神戸チキンジョージ
コンサートツアー2007 メルパルク東京
コンサートツアー2008 JCBホール
野音であそぶ30周年記念 日比谷野外音楽堂
天須和則 六本木STB139スイートベイジル
ロピアノ 大塚グレコ
アノトリオ ブルースアレイジャパン
野音であそぶ35周年記念 日比谷野外音楽堂
アノトリオ 長野柿の木カフェパーシモン
本田雅人 featuring 和泉宏隆 ブルースアレイジャパン
野音であそぶ40周年記念 日比谷野外音楽堂

個人的なあるいは一方的な和泉宏隆の思い出

「あなたにとってIMPRESSIVEなひとときでありますように」92ツアーMC

「和泉さんはおサカナを綺麗に食べるんですよ」92ツアーMC須藤満

舞台最前列まで走り出て両手拳突き上げ(93ツアーアンコールのリトルマーメイド間奏部分で)

「いや今年は最初から夏がテーマだったんです。ただ夏だけだとアルバムタイトルとしてちょっと寂しいなと、みんなと頭をひねってるときにですね、安藤さんが「夏の惑星にしよう…」とつぶやいたわけでして」SESSION'94

「1曲目はきみのすべて、続いて王冠と薔薇をお送りしました」95イヤーエンドMC

「そう言ってる間に勝手に音色変わるなお前!」95イヤーエンド機材トラブル

アナベルアナベルルルルルルン」97イヤーエンド

「スクェアの曲っていうのはあたしのせいでもあるんですけど、段々音楽をやっているというよりはスイッチを切り換えてるような気がして、ピアノに専念したいなと思い始めたところにオルガンの得意な人が現れてですね」MOMENTライブMC

「あたしじゃないですよね?あたしじゃないですよね?」MOMENTライブ脚線美の誘惑イントロで自爆停止

 

 その他トリオライブでCDにサインしてもらったり記念撮影してもらったり。本当に楽しかったな。本当に楽しかったんだよ。

オフコース コンプリート・シングル・コレクション

 などというアイテムが昨年の6月に発売されておりまして、完全にノーチェックだったので入手しそびれました。完全限定生産。

 なんとなく再度検索してみると新品同様のやつが見つかったので1も2もなくぽちりと。

 オフコースのアルバムは全部持っているんですが、初期にシングルリリースされたものの中にはアルバム未収録の曲も結構ありまして(特にB面曲)、ちゃんと聴きたいなあと思っていました。全部知っておきたいんだよわかるだろ?

 まぁシングルコレクションは以前に発売されたこともあるんですが、発売年が大分古いので、これまでのリマスターアルバムと比較して音質的に鑑賞に耐えられないのではないかという謎の強迫観念めいたものもあり一種の病気ですなこれは。どうせMP3にして聴くくせに。

 そんなこんなで届いたものを聴いてみると解像度ばっちり音圧ばっちりの最近のリマスターらしい良音質でございました。ほぼ4万円というお安くない商品ではございましたが、充分に満足でございます。

 また少しオフコースに対する理解が進んだ。

コンプリート・シングル・コレクションCD BOX [完全生産限定盤][CD MAXI] - オフコース - UNIVERSAL MUSIC JAPAN

T-SQUARE(1995)

 安藤正容傑作選の最後です。まあ他にも名曲あるんですが。

www.nicovideo.jp

 1995年のアルバム「WELCOME TO THE ROSE GARDEN」収録です。演奏はタイトルにもある通り当時のライブ映像ですね。

 当時ロンドンに1ヶ月程滞在してレコーディングされたアルバムで、今でも時折インタビューであのレコーディングは思い出深かったし、アルバムはお気に入りであると氏も公言しています。

 また、メンバー間でも評価の高い曲で、20周年記念の座談会CDではキーボード和泉宏隆とベース須藤満がこの曲がお気に入りであることを触れています。またギターソロ直前の間奏部分のドラム則竹裕之フィルインが切れ切れ。

 このアルバムには他に「LANDSCAPE」という変拍子曲も収録されており、こちらも変拍子のわりには大変キャッチーで聴きやすいかつピアノとドラムの見せ場がてんこ盛りとなっております。

www.nicovideo.jp

 こちらは2008年30周年ライブでの演奏ですね。

 個人的に語りたい安藤まさひろ名曲選、これにて終了といたします。

T-SQUARE(1993)

 本田雅人加入後のT-SQUAREの話題です。

 元々カシオペアフォロワーで高い演奏技術を持ったドラム則竹裕之、ベース須藤満に加えて、トリッキーなリズムプレイも得意とする彼が加入してからの7年間はアンサンブルが最も充実していた時期と言えるでしょう。

 安藤正容の曲も特に1993年、1995年は、それまでのキャッチーなメロディーは残しつつも斬新な進行の曲が生まれたりしました。

 1993年発表のアルバム「明日への扉」はまさにそんな曲です。シンプルな構成ながらも独特な進行と、キーボード、ギター、EWIのソロがバランスよくフィーチャーされ、16分のユニゾンキメや、ドラムの斬新なフィルインなど最初から最後まで聞きどころしかありません。ここでのギタープレイは80年代後期から90年代前期安藤ソロの集大成のような極めて完成度の高い演奏です。

 

www.nicovideo.jp

 CLUB CIRCUIT HUMAN収録の映像です。この頃はアルバム発売に先駆けてライブハウスツアーが行われていました。つまりこの映像は新曲発表として演奏されたものということになります。

 余談ですがアルバム収録のバラード「PLAY FOR YOU」も名曲と言っていい完成度で、キーボードの和泉宏隆も自らのアルバムでカヴァー曲として収録しています。

 

www.youtube.com

 本日はここまで!