更新がないときはこちらをどうぞ。ただのボヤきですが。 https://twitter.com/Gastnoch

ドルアーガの塔と俺

 今日はアーケード版ドルアーガの塔が稼働開始した日らしいです。

 出会いはファミコン版だった。

 デモ画面見てもタイトルと英字ストーリーがスクロールするだけでなんだかよく判らんぞ。

 ゲームを買ったという友人宅で遊ばせてもらうも盾の概念が理解できず5面で全滅。

 全60面?いやいや無理っしょそんなんゲームは1日1時間だぜ。

 でも面白いし曲はなかなかかっこいいし欲しいな…。

 結局買わずに借りて遊び倒しました。

 

 そして時は流れた。

 アーケード版を初めて見た時の衝撃たるや。

 なんじゃこの重厚なサウンドは!ファミコン版うるさすぎだろ!(1オクターブ高い)

 なんじゃこの繊細美麗なグラフィックは!武装アイテム取るたびに少しずつ見た目が変わってる!あと敵の剣士ちゃんと抜刀納刀してる!

 テーブル筐体全盛期の頃、他人のプレイを横から眺めたり、上級者には大勢のギャラリーがついたりするのは当たり前の時代でした。当然自分はギャラリーの側でしたが。  

 ファミコン版では攻略本読みながらコンティニューしまくってなんとかクリアできた自分でしたが、ゲーセンで宝箱出現のカンペを見るでもなくしかも1コインでオールクリアするプレイヤーがいるのを見て人間ここまで1つのゲームを極められるものなんだなとか。

 

 さらに時は流れた。

 プレイステーションの登場により、90年代初頭のアーケードゲームさえもがほぼそのまま家庭で遊べるほどのスペックになった頃、そいつは登場しました。

 ナムコミュージアム。プレステにおける私的キラータイトルでした。これは買いました。ええ買いましたとも。

 ドルアーガの塔はVol.3に収録され、画面比構成の問題からまったく同じとはいかなかったものの、グラフィック!サウンド!すべてアーケードレベル!

 死ぬほど遊びましたね。死ぬほどコンティニューして。

 ハードの進化をあれほど感謝したことはなかったと思いますね。

 今思えば、あんなプレイヤーを情け容赦なく突き放す尖ったゲームをよくアーケードで稼働させようと思ったよなとか。当時のプレイヤーは気骨があったんだろうなとか。

 そんなことを思い出した1日でございました。

 

 余談ですがファミコンドルアーガの塔が我が家にやってきたのは、Switchのナムコットコレクションを買った時だったので割と最近です。

サンダーセプターと俺

現在購入出来る家庭用ゲーム機にはダウンロード販売のみのタイトルが多数あるんですが、その中で過去のアーケードゲームを復刻移植する「アーケードアーカイブス」という自分のようなオッサン御用達のシリーズコンテンツがあります。
過去にも色々なゲームを復刻してきた同シリーズですが、なんとサンダーセプターが復刻されました。これまで家庭用に一度として移植されたことのないサンダーセプターですよ。
ポールポジションの筐体とスターウォーズのコントローラーを組み合わせたある意味リサイクルコンテンツのサンダーセプターですよ。
自分の住んでるエリアじゃ全く見かけなかったためその存在すら知らず、オールアバウトナムコIIで初めて知ったサンダーセプターですよ。
イシターの復活聴きたさに買ったナムコゲームミュージックVOL.1に収録されており、ついでに聴いたらあまりの格好良さになんでこのゲームがこの辺にないんだ!と歯ぎしりしたサンダーセプターですよ。
忘れた頃に近所のダイエーセガ直営ゲーセンに入荷したと友人から聞いてその日のうちになけなしの100円で遊びに行ったサンダーセプターですよ!
より正確には3DサンダーセプターIIですよ!!
当時50円ゲーセンが遊び場だった自分にとって、100円払わないと遊べないというのは容易ならざる決断が必要でした。ゆえに多分片手で数えるほどしか遊んだことがありません。
ああそれが、それがご家庭で好きな時に遊べる。遊べるんだ。
いつぞやのナムコ音楽オーケストラコンサートではゲストで来ていた作曲者の中潟憲雄氏に握手を求め、源平も好きですがサンダーセプターむちゃくちゃ好きです!と伝えたこともありました。こんなオッサンですいません。
そんなわけで新曲入りサンダーセプター、ほぼ毎日遊んでます。2面さえクリアできないへなちょこシューターですが、なんせ曲がイイ。とにかく曲がイイ。
ありがとうアーケードアーカイブス!長生きはするもんだな!!

トップガンマーヴェリック

 トップガンマーヴェリック見てきました。

 普段洋画なんて一ミリも見ない自分ですがこれは是非とも見たいと思っていたんですよね。80年代育ちの特にヲタクにとってトップガンというのは多かれ少なかれ影響を及ぼしているコンテンツなんですよ。

 もうお分かりですね。そう、アフターバーナーです。あ、アフターバーナーを当然知ってる前提でしか話しませんので。

 映画が先かゲームが先か、そんなことはどうでもいいのです。両方とも知っているはずであり知らないはずなどないはずなのです。なんなら両方サントラ持っています。

 ならば!

 見に行くしかないじゃないか!

 上映開始。

 ただのトップガンじゃねえか!(狂喜乱舞)

 主役戦闘機こそF/A18ですが紛れもなくトップガン

 理屈抜きで面白いです本当に。

 わざわざブログ書いといて言うのもなんですが語るだけ野暮ってもんですわ。

 80年代育ちの紳士淑女諸君はさっさと見に行くように!

 吹き替えが空いてておすすめだぞ!(※個人の意見です)

一周忌

 和泉宏隆が世を去ってちょうど一年が経ちました。

 先日ブルーノート東京でメモリアルライブが開催され、その配信を見たんですが、アンコール最後の曲がケープライトでした。これは2003年の厚生年金会館での演奏ですが、やはりこの曲はいいですね…。こういう寂寥感のあるバラードこそ和泉宏隆の真骨頂だったと思うんですよ(個人の意見です)。

 なんか色々書こうと思ってたんですが、書けない。

www.youtube.com

WEST SIDE STORY(映画)

昨日WEST SIDE STORYを観に行ってきました。
https://www.20thcenturystudios.jp/movies/westsidestory
f:id:yoshihara999:20220213081215j:plain
f:id:yoshihara999:20220213133449j:plain

これまで数えるほどしか洋画を観に行ったことのない自分ですが、これは特別と言ってもいいでしょう。

かつて高校生だった頃、吹奏楽部のコンサートでやると言うので、なんだかよく分からないまま演奏させられたという実に中身のない出会いだったわけですが(当然ミュージカルも映画も観たことがなかった)、これが切っ掛けで今でも折に触れて聴き続けている音楽なんですよ。

そう、当時の自分にとっては何もかもが新しかった。なんだこのリズム。なんだこの和音。なんだかよく分からん。分からんが格好いいぞこれ。

レナード・バーンスタインの音楽に魅せられた自分は、高校生程度の小遣いで買うには高過ぎる2枚組CDを買って聴き、大人になってからは映画のDVDを買い、オッサンになってからは劇団四季のミュージカルを観て、そして今年新たに映画化され公開されたものを観たわけです。
どんだけ好きなんだよ。

ここまで音楽の話しかしていませんが、ストーリーも好きですよ?憎しみの連鎖で結局は不幸になってしまう。そうなって初めて歩み寄れるようになるラストシーン。やるせないですね。

そうそう今回吹き替え版の方を観たんですが、歌唱シーンはオリジナル音声という昔ながらの手法だったんですが、声的に切り替えにあまり違和感は感じませんでした。
ただミュージカル版は全編日本語ですし、サウンド・オブ・ミュージックの最新吹き替えのように歌唱シーンも丸ごと吹き替えてるものもあることですし、それにならって全部吹き替えても良かったのでは?とは思いました。

最近の映画のような高精細なCGによるスペクタクルなんかはまったくありませんが(当たり前だが)、当時のアメリカを再現した異様にリアルなセットと演者の熱演、キレッキレのダンスシーンと見所聴き所満載です。
さあみんなすぐに観に行くんだ!

東京駅開業100周年(7年ちょっと前の話)

2014年12月20日に東京駅が開業100周年を迎えたのはまだ記憶に新しいところですが。いや新しいですよね。新しいんですよ。

当時記念Suicaが発売されたのはいいんですが、あまりにも購入希望者が多すぎてトラブルになり、結局購入希望者全員が買えるようになったわけなんですが。

買い逃しましてね。

正確には申し込みはしました。購入申込書は実家に届いてはいたんですが、届いたタイミングがすでに長野に転居していた後でして、実家に帰るタイミングで届いていた申込書の封を開けたらすでに購入可能期間が終わっていたというなんとも無慈悲な結果でしてね。

ご縁がなかったとあきらめていたのですが。

職場の人が複数購入していて、今になって1枚譲ってくれるというなんともラッキーな出来事が。

こちらでございます。f:id:yoshihara999:20220204185110j:plainf:id:yoshihara999:20220204185132j:plain

いやー写真で見てはいましたが実物はいいですね…。

さらば東京ラーメンマリオン

我が故郷こと北区十条はここ何年かで再開発のビッグウェーブが来ておりまして、再開発に伴う区画整理のため立ち退きが相次いでいました。
十条に降り立つ度に更地が増えている。
ついでに道路の拡張工事なんかもありまして、長年通っていた東十条の名店、東京ラーメンマリオンが2022年2月5日(土)を持って閉店するというニュースが舞い込んで来ました。神も仏もないのか。
松戸に引っ越して以来足が遠退いていたんですが(長野に居た頃は帰省の度に食べに行っていた)、我が人生最良のラーメンに別れを告げるため、仕事帰りに東十条に降り立ちました。
そしていつものラーメンとにぎり注文。一言で言って最高。他に言葉は要らない。
十条には他にも名店がいっぱいありましたが、再開発の波にのまれていきました。おまえも時の流れの中に消えてゆくのかマリオン。
いや、またどこかで会えると信じているぞマリオン。だからとりあえずのさよならだ。f:id:yoshihara999:20220203194341j:plain
f:id:yoshihara999:20220203194835j:plain
f:id:yoshihara999:20220203195438j:plain